line

ごあいさつ
GREETING

 
  • 適寿クリニック院長
    岡本龍
  • ごあいさつ

    このたび、康人会様より適寿クリニックを継承し診療を再開させていただくことになりました院長の岡本龍です。

    小児科で6年、その後15年社会福祉法人併設診療所の所長として高齢者医療全般にかかわってまいりました。前診療所では経験豊富な内科・精神科・整形外科・泌尿器科の先生方より各科における平均的な加齢変化と一般的な疾病およびその管理の指導をいただきまた支えていただきました。たくさんの知見を授かったことで、小児科での経験を合わせて全年齢層の一般的な病気に対応できる医療を展開できるようになり、この度地域医療の充実に役立てばとこの地にてクリニックを承継開院いたしました。

    専門分野を掘り下げるのではなく、守備範囲を広げるようなキャリアの積み方は医療業界の本流とは少し乖離したものであるかもしれず、その部分では何科なのか?と疑問に思われる方も多かろうと存じます。私としては、「町医者」として、まず多くの住民の皆様の支えになれることが第一と考えており、そのために総合内科を標ぼうさせていただいております。また、これまでの適寿クリニックからリハビリテーション科を承継し、高齢者向けの生活リハビリの拠点として適寿リハビリテーション病院と協働しながら、住民の皆様の生活にお役に立ちたいと思っています。難しく専門的な症例については、できるだけ早期に見極めその都度専門の先生方に紹介をさせていただくことにより、円滑な地位医療連携も目指していきたく考えております。
    全科をまんべんなく診療できるということを強みとして、科と科の狭間で患者様が悩むことのないような医療地域の構築が私の夢であり目標です。その意味において幅広く全般に対応できる当クリニックがきっとお役に立てると信じています。

    誰もが抱える体の不具合を第一の対象に、医療に遠慮がちな方々も気軽にお越しいただけるクリニックにしたいと考えております。
    上のとおり当クリニックですべて解決とは参りませんが、対症処方や持病のお薬調節はもとより、難解な症状であっても医療連携をして解決につながる道筋の提示を致します。
    どのような症状・お悩みでもまずはお気軽にご相談いただければと思います。

    出身大学

    2002年 鳥取大学 医学部医学科卒