新着情報
NEWS

帯状疱疹ワクチン接種始めました。

帯状疱疹は子どものころに感染した「みずぼうそう」を引き起こすウィルスが体内に潜んでいて、加齢やストレスなどで体の免疫力が低下するとウイルスが再度活発になり神経に沿って移動して、皮膚に到達して水疱および発疹を形成して痛みを引き起こす病気です。その発疹が治ってからも、何か月も時には何年も辛い痛みを残す場合もあります。だいたい日本人では3人に1人ぐらいの割で、80歳までに帯状疱疹を経験すると推定されています。ワクチンを接種することによって帯状疱疹の発症率が低下します。また発症した場合でも、その後の痛みの程度が減少することがわかっています。

ワクチン接種へのご質問などは、クリニックまでお気軽にお問い合わせください

新着情報一覧に戻る